ご挨拶

株主、投資家の皆様へ

"健康"をキーワードに、精選したビジネスを"スピーディー"に展開する。
新生マルマンの企画力と行動力にご期待ください。

現在のマルマン株式会社は、2001年5月に旧マルマングループから営業権の譲渡を受けスタートいたしました。その後、事業の再生に取り組んでいく中で最初に考えたことは、再生のキーワードを何にするかということでした。旧マルマンにより確立された事業、今後の社会の方向性、私たちが手がけたい事業などさまざまな観点から検討を加えた結果、導かれたキーワードは"健康"でした。そしてもうひとつは"スピード"です。

ご存知のように旧マルマンは1971年よりゴルフクラブの製造・販売を始め、市場で一定の評価を得ました。1974年に当時としては画期的なカーボンシャフト『パーセック』を開発したことを皮切りに数々の新技術を開発し、ゴルフクラブ市場における地位を確立したのです。また『禁煙パイポ』といえばマルマンというようにブランドイメージを定着させてまいりました。これらの貴重な財産を生かし、社会の動きと結びつけるキーワードが"健康"でした。身体を動かして健康を保つゴルフ事業と身体の中から健康をサポートする健康食品事業を有機的に統合することにより、トータルでユニークな新たなる「健康産業」を構築していくことは、世界でも類を見ない速度で高齢化社会が進む日本の社会において、きわめて重要な意味があり、やりがいのある仕事であると確信しています。

もうひとつのキーワード"スピード"は過去の反省に立った言葉でもあります。「売上シェア至上主義」「流通在庫のコントロール不足」「宣伝販促費など経費の効果測定の甘さ」…。旧マルマンにおける教訓は共通してビジネスの動きの遅さに起因するものであり、市場との対話不足が招いたものと思っております。私たちにとっても人ごとではないと肝に銘じています。このような事態に陥らないためにも、また、新生マルマンがこのような悪循環とは無縁のアクティブな企業であることを社会にご理解いただくためにも、自らの事業に対して厳しい目で評価をし、それを基に"スピーディー"に事業の選択と集中を実行し、洗練されたビジネスを展開できる企業となりたいと考えています。

どうぞ今後のマルマンの事業にご期待ください。

ENGLISHI SITE